岩野谷地区市政懇談会の顛末(12)緑地公園の使用許可  安中市内の市政懇談会

【住民L】それとですね。あの、緑地公園の関係はどこが扱っているんですか。

えーと。どこの緑地?


【住民L】どこでも。あのう、郷原の関係の。

あーあー。

【住民L】あれはどこが扱っているのか。

あれはね。場所によって違うんですよね。あれ、郷原は・・・

【住民L】許可制になっているんですか。

あの市のですから。

【住民L】使用について。

郷原・・・・

【住民L】ちょっと問題があったんですよ。この間、松井田と。グランドゴルフで。こっちで、行ったら、松井田が使っていて、それでおらんかが先に借りたんだからダメだって。

あーあー。郷原の。あーそうですか。

【住民L】それじゃあまずいなと。

そりゃあそうですね。あのう、どっかではっきりしなきゃあね。うん。そうすりゃ、行かないで違う日にすれば振り返るということもできますからね、大変ご迷惑を掛けました。持ち帰って、ちょっと。ちょっと承知していないもんで。

【住民L】気持ちよくやりたいですよね。

あのう持ち帰って、またご連絡させてください。電話番号をちょっと。ご連絡先は。

【場内から】あそこの入口に皆電話番号を書いてある。ここに書いてある。電話は。

ああ、そこに書いてあるね。すいません。いろいろトラブルになったとすればお詫び申し上げます。せっかく遠くまで行ってね。

■こういう簡単な相談ごとでは、すぐに腰を低くして、謝罪モードで話す岡田市長。さすがに日ごろの挨拶でも最敬礼のスタイルを貫き、弔辞議員という名をほしいままにしている岡田議員の真骨頂がここに見て取れます。

【ひらく会情報部】
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ