nokkoの日々の暮らしいろいろ

71才主婦の日々の愚痴、悩みを書いてます
シングルファザーの息子のため孫たちの世話で忙しい日々。
愛犬を16才で亡くしペットロス。

 

人気ブログランキング

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

拍手ランキング

1位 息子の子育ての苦労(発達障害)
40拍手
2位 高くつく入院費
29拍手
3位 今どきの男女交際
5拍手
4位 孫たちへの夕食弁当9
2拍手
5位 夫の入退院が続きます
2拍手
10/23〜10/30までのランキング結果です。

過去ログ

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nokko
★皆さまへ

たくさんの優しいお言葉に感謝です
↑にコメントのお返事を書かせていただきました。

http://pink.ap.teacup.com/paserien/
投稿者:サツキバイ
生きてる事、有り難く、幸せでな事ですが、一方こうした思いがけない難題とも向き合うのですね。苦しい毎日を過ごされてるんでしょうね。しかし、きっとやって来て良かったと思える日が必ずきます。こないと嘘です、私は信じます。私も結婚5年目、主人の弟が事故に遭い半身不随になり、それ以来40数年面倒を見ています、お嫁さんは離婚して、他家に縁付き、最近亡くなりましたが私はまだ、世話は終わりません。
事情は違いますが必ず神様は見ていて下さり、きっと笑い、良かったと思える日が来ます。
義弟の事故の年、我が息子は生まれました。息子の成長と義弟のリハビリが同時進行でした。違和感なく当たり前に育った息子は義弟を本当に良く見てくれ、先日の義姉の葬儀にも車椅子で参列、車椅子を押してくれました。
お孫さんも1日1日最長します、あーー孫がこんな事してくれた、こんなに思ってくれてると感じる日は先の様ですが、経ってしまえば早いもの。希望を持って優しい癒しのおばあちゃんで居てあげて下さい。陰ながら応援してます。
何を言ってもnokkoさんの悲しみに変わるものは無いと思います。私もそうでしたから。
しかし、体には十分配慮されます様、心から願っています。ゆっくりと、ゆっくりとね。
投稿者:ゆらりん
じっくり読ませていただきました。
胸が苦しくなって、涙が溢れて来ました。

nokkoさんは、私とは比べものにならない位、毎日悲しくて辛いでしょうね〜

「不幸中の幸い」という言葉が正しいのか分からないけど
すでに母親と離れ、公共機関や医療に相談されているとの事。
なかなか納得いく答えじゃないかも知れないけど、まず前に向かう第一歩だと思います。
お孫さんは、『温かい愛情』を一番求めています。
お母さんにそれを求めるのは、ハッキリ言って無理ですね。

nokkoさんご夫婦、心身共ホントに大変だと思うけど、
どうかお孫さんを ギューと抱きしめてあげてくださいね。

『止まない雨はない!』長い雨だと思うけど、いつか必ず止む時が来ると信じて下さい。
nokkoさん、お体気をつけてね。


http://mamama5963.jugem.jp/
投稿者:あさがお
びっくりしました。
早くわかってよかったですね〜。
虐待の末 殺される子供も多いです。
しんどいでしょうが nokkoさんが 
精一杯かわいがってあげて下さいね。
一日に何度も ぎゅっと抱きしめてあげて下さい。
今後 お嫁さんには 期待できないと思います。
慰謝料や養育費を請求する事も 考えてみてはいかが?

http://ohustim19460802.at.webry.info/
投稿者:はづき
nokkoさん、読ませていただき、涙がでてきました。

nokkoさんが前回の記事で 息子さんを助けてあげたい、と書かれましたが、
その時、お嫁さんに何かあったのかな?と思いました。

お孫さんの傷ついた心は簡単に直らないかも知れませんね。

今現在の危険のない生活環境に慣れるにしたがって、お孫さんたちは
安心していられる場所にいることが理解でき、心の落ち着きが出てくるといいですね。

親の生い立ちが娘(お嫁さん)に影響し、孫世代が苦しむことはありえます。
娘は母に学び、息子は父を見習う、と聞いてます。

何も解決にならないことばかり書き連ねてすみません。
今はおじいちゃん、おばあちゃんが砦となって お孫さんを守ってくださいね。
nokkoさん、お体にも ご留意くださいね。

http://blog.livedoor.jp/naturalsepia/
投稿者:yada
参考になるかどうか、、、多分ならないかもしれません。
私が、知り合いに頼まれて当初は、ボランティアでしたが、そのうちにパート扱いになった施設での出来事ですが、養護施設で、母親や、父親に、精神疾患があり、子育てが出来ないという事情で、三歳から十八歳までの子供達がいました。園長先生が、子供達に接する時は自分の子供に接するような感情、態度でお願いしますと言われました。保母は、若い人達で何かと規則を前面に出して、統合しようとしていましたが、親としての態度としたら、おしたり引いたり、分かってあげたり諭してあげたりでした。根底には、あなたは大切な人間なのよという気持ちがありいけない事をした時は、諭したりどうしていけないのか話をしました。分かっていなくても話をしました。要は心を開いてくれれば、良いのです。こんな失敗をしても、過ちを犯しても包んでくれる母の代用が必要だったのかもしれません。ある女の子には、手の甲に丸いケロイドがあり、手をつなぐ時に見つけて聞きましたら、蚊取り線香が付いたと云いました。熱かったでしょう?と言ったら元気にウンと答えました。保母に聞きましたらタバコを押しつけられていたそうです。それを言わないのですよ。こちらも理由を聞くよりその時に受けた熱いという感覚が嫌だったでしょう?と慰めるだけでした。虐待をする親は、子供の頃虐待を受けていたと云う話でした。おじいちゃんとおばあちゃんの家にいると安心だと分かるようになると良いですね。難しい問題だと思います。参考にはならないと思います。施設でも解決が出来ない心の問題です。時間と、環境が解決してくれるのかもしれません。体調に気を付けて頑張ってください。

//http://colorful.at.webry.info/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ