nokkoの日々の暮らしいろいろ

71才主婦の日々の愚痴、悩みを書いてます
シングルファザーの息子のため孫たちの世話で忙しい日々。
愛犬を16才で亡くしペットロス。

 

人気ブログランキング

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

拍手ランキング

1位 孫娘のための身だしなみ?
56拍手
2位 こまごました事は体力がいる
46拍手
3位 スティホームでの騒音問題
2拍手
4位 整骨院のリハビリ行ってみた
2拍手
5位 PC不具合でヘトヘト
1拍手
6/10〜6/17までのランキング結果です。

過去ログ

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nokko
★yadaさんへ

こんにちわ〜。

後になっていろんな事が怖くなってきて、よく
手術も成功し、その後も
回復したと思います、まだ50代だったから回復力もあったのだと先生には言われました。

yadaさんのお兄さんの場合は元々温厚な方なんでしょうね
お一人暮らしで不安もあったと思いますけど、yadaさんにも
何かと面倒を見てもらい嬉しかったと思いますよ。
安定剤程度で透析が続けられるのなら良いほうかもですよね。
夫はもちろん強い抗うつ剤を早くから処方してもらってるし
安定剤も睡眠薬も飲んでますが、若い頃からの短気ですぐ怒る性格は
お薬ではよくなりませんし、歳をとってからは余計にやりにくくなり
私も毎日が苦痛になっています。
昨日は息子が仕事なので孫二人を預かりましたが
夫は部屋から出てきません、Sちゃんがおじいちゃんに声をかけると
「話しかけるなー、おじいちゃんはシェルと夢 の中で話してるんや!」なんて
孫に対して呆れるような言葉です、、、
でも食事だけは時間をずらしてだとか、部屋へ持って入ったりと
しっかり食べてるんです(-_-;)
きょうも今からI君だけ預かります、初めての
中間試験なので私と勉強したいと言うので付き合いますが
夫は相変わらずでしょうね、、、邪魔なだけやわ(~_~;)

ありがとうございました〜(^^♪

https://pink.ap.tetaete aherucup.com/paserien/
投稿者:yada
まあ、、、本当に言葉がありません。
よく、ご無事で。。。
人間と人間なので、と言ってしまえばそれまでですが、周囲の関わりのある親族は、大変ですね。
透析を長年していますと、温厚なあまり怒ったことのない兄でさえ、何か不穏な状態になりました。先生が精神科の診察をうけましょうか。と言いましたが、兄は、はいと返事をしていましたので、兄も自覚があったようでした。
お薬の処方は、多分、安定剤だと思いますが、その後は、普段の温厚な兄になりました。
時々、少し怒る事がありましたが、、。
ご主人様は、お薬の処方をしてもらっても駄目なのでしょうか。性格だと大変ですね。
透析している時の頼りになる人は看護婦さんだから、胡麻をする位の態度でないと、損だと思います。
投稿者:nokko
★karinさんへ

karinさん、こんばんわ〜。
胆嚢ガンのの手術の事は何回か書きましたがガンは
膵管と胆管を繋ぐ手術の時にお腹を開いてから見つかったので
先生方は一旦手術の手を止めて夫と息子たちに説明があり
同意書も必要だったため結局手術の時間が14時間もかかりました
胆嚢だけじゃなく胆嚢に接してる部分の他の臓器も
少しづつ切除しないといけなくなったんです
幸いなことに手術して下さった先生は前日赴任して来られたばかりの
有名な腕の方が急遽して下さる事になり、その手術を
見ようと病院中の先生や看護師さんが見守る中での難しい手術でした。
あと一か月放置したら命が危なかったそうです。

院内を歩けるようになってから看護師さんたちが
その先生の腕の凄さをあちこちで私を見て噂してました・・・。
それなのに夫の態度が悪かったから余計に看護士さんたちの噂になってしまいました(-_-;)
だから看護士さんが私にそういう事をした気持ちが
分からないではないんです・・・。
看護士さんはそれから一度廊下で会っただけですが
私を見て申し訳けなさそうに下を向いてましたから
私も何も言いたくありませんでした、元はと言えば夫が悪いのですからねぇ・・。

ありがとうございました〜(^^♪




https://pink.ap.tetaete aherucup.com/paserien/
投稿者:karin
nokkoさん こんばんは

nokkoさんが入院・手術なさったことは伺って
おりましたが、その詳細については今回初めて
伺いました。

本当に本当に大変なことに堪えていらしたのですね。
胆嚢がんの手術のことは承知していましたが、
先天性奇形もあったなんて!幼い頃はお腹の痛みを
モルヒネで抑えることもあったなんて!大変でしたね。
52歳まで苦しまれたのですね。よく頑張りましたね。

それにしても看護師さんがどんな理由があったと
しても病人のnokkoさんにそんなことをするなんて、
あまりにひどいです!絶対に許せません。

あ、私が怒ってもしかたがありませんね(^_^;)。


https://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:nokko
★ハナコおばさんへ

ハナコさんも以前に胆嚢を摘出したっておっしゃってましたね
胆管と膵管の結合部分が筋肉でですか・・・
そういう事でも激痛の原因にもなるんですね。
私もデパスは服用しています、これは胆嚢ガンの手術後3,4年してから
C型肝炎の治療を1年したんですが、このインターフェロン治療の
副作用が耐えられなくてデパスで抑えていました
今も不安定な時は服用しています。

看護師さんもtest愛編でしょうが、やはり人間ですので
腹の立つこともあるでしょうね・・・
まして夫のような人だと私でもちゃんと看護出来るか分かりませんね・・・。

男性は病気をするとわがままになるのでしょうかねぇ・・・
でも性格も関係してるでしようね
人間だから相性もあると思うけど、入院した時くらいは
妻や看護師さんに素直な態度で接して欲しいですね
どうして年を重ねると融通がきかなくなるのでしょうか・・・
ハナコさんも私と同じくらいに大変みたいですね(;^_^A
夫より先に逝かないようにしないとなぁ、なんて思ってしまいます。

ありがとうございました(^^♪

https://pink.ap.tetaete aherucup.com/paserien/
投稿者:ハナコおばさん
こんにちは、ただただびっくりです。こんなことあるのかしら、と。
看護師さんのこともそうだけど、nokkoさん大変な思いをしてきたんですねぇ。

胆管と膵管の話し、私よく分かるんです。
私の場合は、胆管と膵管の結合部分が筋肉でてきているとかで、それが痙攣をおこして、
激痛が来ていたらしいのです。何年も続きました。
胆嚢摘出後のことです。

詳しく話すと長くなりますので、結局今は
向精神薬(デパス)で安定しています。

でも…ほんとに大変な思いを……。(-_-;)

夫も入院した時、ある若い看護師さんと
上手くいかず、他の看護師さんが来ていました。
男の人は何でしょう、変なプライドが高すぎるのでしょうか。
それとも年代?
夫は77歳です。(-_-メ)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ