nokkoの日々の暮らしいろいろ

71才主婦の日々の愚痴、悩みを書いてます
シングルファザーの息子のため孫たちの世話で忙しい日々。
愛犬を16才で亡くしペットロス。

 

人気ブログランキング

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

拍手ランキング

1位 孫がコロナで筋トレ始めた
31拍手
2位 ジャニーズの若者たち
28拍手
3位 痛みと歩む日々(これからも)
23拍手
4位 9月に生まれて・・・
18拍手
5位 コロナで変わった人間関係
5拍手
9/17〜9/24までのランキング結果です。

過去ログ

メッセージBOX

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nokko
★karinさんへ

こんにちわ〜。

娘さんと離れて暮らされた期間も長かったんですね・・・
karinさんのお母さまも娘にそばにいてもらって
心強かったと思います、雪深い土地ですからね。

karinさんはいつもその時その時を一生懸命に生きて来られたから
悔いがないっていうのが分かります
だから今も一人でも前向きに日々を過ごせるんですよね〜・・・。
ほんと、カフェがあるのが嬉しいですね〜
英会話教室でも英語と日本語で皆さんと楽しく過ごされいて
それが元気の元になってるんですね♪

やっと少し涼しくなりお散歩もしやすくなりましたね
またカメラを持ってのお散歩を楽しんで下さいね!

ありがとうございました(^^♪

https://pink.ap.teacup.com/paserien/
投稿者:nokko
★あほー松さんへ

こんにちわ〜。

確かに高齢になっての一人暮らしは気楽さと寂しさの同居ですね。

あほー松さんご夫婦はお元気なんですね〜
奥様もご主人のその感謝の言葉があるから元気で頑張れるのですね(#^.^#)
上手にやってこられましたね〜。

透析でも一泊の旅行を楽しまれる心の余裕は
うちの夫にも見習ってほしいです。
笑って過ごしても一日、文句ばかり言っても一日が同じなら
今日を楽しもうと夫にも思ってもらいたいです

ありがとうございました(^^♪


https://pink.ap.teacup.com/paserien/
投稿者:karin
nokkoさん おはようございます

娘の小学校入学2週間前に夫が病死し、私は31歳の未亡人になりました。娘が京都で学ぶために私のもとを離れてから以来33年間、ひとり暮らしです。

人生のどの時期に独り暮らしになるかによってもいろいろ考え方も変わるでしょうねぇ。36歳のときに父が急死し、豪雪地帯に独りで暮らせないという母を私の家の近くにできた高齢者のアパートに呼び寄せて17年間毎日通って世話しました。娘に夕食を食べさせてから母に会いに行っていました。母に幸せな晩年を、といつも考えていました。

若い時はとにかく必死で生きていたという感じですね。今、思い返すとよくぞ頑張ることができたものだと思います。そして今「私は悔いのない生き方をしてきた」と満足しています。

仕事のない今は自分で「きょういく(今日行く場所)」「きょうよう(今日の用事)」を自分に課して一日一日を過ごしています。地域に高齢者が多く、高齢者のためのカフェがあるのも嬉しいですね。

元気なうちはこの生活を続けたいのですが、そしてポッックリ逝けるとよいのですが、、、そうはうまくいかないでしょうねぇ、、、ま、その時はその時ですね。今日一日を何とか頑張ります!

https://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:あほー松
高齢になってからの一人暮らしは気楽だなんて言いますが、本音は淋しくて仕方ないのではないかと思います。
私は83歳、家内は84歳、私は透析を受けながら何とか元気にしています。
家内はいたって元気、早朝4時にはウォーキングに出かけ、家事一切億劫がらずにやってくれます。感謝感謝の気持ちでいっぱいです。

この歳になるとボケたとか認知症になったとか、ヨタヨタで介護を受けているとか、そんな例が多いですが、私たち夫婦は介護保険のお世話にもならず、ありがたい事だと思っています。透析を受けながらも機会を見ては1泊ドライブ旅行にも行って楽しんでいます。
何事も積極的に前向きに気持ちをもって頑張りたいものですね・・・。

http://ahoumatu.web.fc2.com/index.html
投稿者:nokko
★拍手コメントを
 下さった方へ

愛犬が亡くなってからは買い物など意外に外へ出なくなったので
ご近所さんとの会話も少なくなってきましたよ。

私と夫とどちらが残るかは分からないけど
すごく高齢になってからだと自由に動けるかなぁ。。。(^^;)

コメントをありがとうございました(^^♪

https://pink.ap.teacup.com/paserien/
投稿者:nokko
★yadaさんへ

こんにちわ〜。
少しづつ広がりつつあるようですが、シェアハウスとは少し違うようですね
医療サービスもいろいろとあるようですが、自分の事は自分で出来るうちは
それも良いかも知れませんね。
どこに住んでも合う人合わない人がありますよね、ディサービスだって
ある程度は我慢しないと通所出来ないですしね・・・。
ただ入所するのにどれだけの費用がかかるのかが分かりません
場所によって違かもですけどね・・・
家賃の他に生活費もかかるので結構な出費になりますよ
この年で夫と生活を別にするというのは、そこにいくまでの
過程で相当な気力がいりますよ〜

上手くいってる人生の方のほうが少ないのではないですか?(^.^)
サ高住の略なんですね




https://pink.ap.teacup.com/paserien/
投稿者:nokko
★tokuさんへ

こんにちわ。

>私が思うに、やはり女は母親の方と気が合うのかなと!!?

そうとは限りませんよ、私は母の性格が嫌いでした
20年以上世話してきましたが、毎日行くのが憂鬱で仕方がありませんでしたが
子としての出来るだけの事はしておきたく悔いは残さないようにと
自分に言い聞かせながらの日々でした。

お父様も本当は自分の非はある程度わかっているのではないですか?・・・
暑い中で窓を閉め切るのは少し危険なことですね
市の相談係に言ってみてはどうでしょうか・・・
高齢者を定期的に訪ねてくれるような方法があるはずです
直接関わりたくないのならそういうやり方もあるのではと思います
どちらにしても生きている間は子として精一杯お父様に合わせて
文句を聞いてあげるのも親孝行だとも思いま、難しいですけどね・・・
寝たきりの介護よりはまだ良いと思っては?
私はそう思いながらの母との付き合いでした。
私は子供としては一人だけだったのですが兄弟がいる場合は
なぜ私だけが?・・とも思ってしまいますよね
財産のある、なしは別としてもし借金がないのなら
それだけでもありがたいと思ってはどうですか?・・・
子は親を選べないし、高齢になった親へは、徳積だと思って下さい。



https://pink.ap.teacup.com/paserien/
投稿者:yada
60代後半頃から、一人暮らしの想像をしていました。一人で暮らすことは負の要素の方が多いと思いました。
サコジュウという施設を知りませんか。。
サービス付き高齢者住宅です。
これが魅力的だなと思いました。
部屋は個別ですが、リビングとか一緒、ご飯も一緒ですが、やはり、性格の合わない人とかいるでしょうね。
そうなったら、また、他のサコジュウを探せばよいと、友達と話をしたことがあります。
これからの時代に増える住宅だと思います。
昔は、家族という括りが当たり前でしたが、今は、結婚をしないで高齢になる人も多いようです。
充実した老後を考えてしまいますが、今そうでしょという訳で、その割には、うまくいっていない私の人生です。

https://colorful.at.webry.info/
投稿者:匿名
お孫さんは苦労を分かっているんですよ。子供ながらここまで見て分かっているんだから、見たとおりnokkoさんは辛抱強い人だろうと思うし、おばあちゃんが頼りなんだという気持ちと慰めの表現なんですよ。

話しは変わりますが、親からも一円の遺産相続もないのに、子供に高齢になって要求はできない事を弁えてくれないと毒親では大変でしょうね。
うちは親からの遺産相続はお金はなく、親が建てた家と財産価値のない田畑のみです。
兄弟3人は苦学してるし十分だよ!
投稿者:匿名
nokkoさんの書かれる事はよく分かります。

同じ年でも人により健康状態も見た目も違いますね。
自宅前のお寺みたいな明治時代の大きな建物に住む90才の女性は一人暮らしで、杖をついてやっと歩ける感じでも、別の女性は腰も背中も曲がらずにまだ余裕しゃくしゃくの感じです。
元気な方は子供はいません。
どちらも一人暮らしです。

私が思うに、やはり女は母親の方と気が合うのかなと!!?
自分は父親と二人だけど12年まともに口はきいてません。
耳が遠くなってからですが、その前から険悪な親子でした。
私の言い分としては父親が何も知らないので話しにならないって事です。
87歳になってから食べる量がそれまでの半分になり、風向きによって、ご飯が硬いだの何だのと、作るのが嫌になり精神状態がそれだけ言われても悪いです。
若い頃は何ともなかった食べ物の傾向も変わり、体感温度も高齢になると分からないようで、夏場の室温32度もあるのに窓を閉められているとおかしくなるし一緒の部屋にもおれません。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ