nokkoの日々の暮らしいろいろ

71才主婦の日々の愚痴、悩みを書いてます
シングルファザーの息子のため孫たちの世話で忙しい日々。
愛犬を16才で亡くしペットロス。

 

人気ブログランキング

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

拍手ランキング

1位 孫娘のための身だしなみ?
56拍手
2位 こまごました事は体力がいる
46拍手
3位 スティホームでの騒音問題
2拍手
4位 整骨院のリハビリ行ってみた
2拍手
5位 PC不具合でヘトヘト
1拍手
6/10〜6/17までのランキング結果です。

過去ログ

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nokko
★yadaさんへ

こんにちわ〜。

yadaさんの職場は気を付けないと怪我が多いでしょうね・・・
特に階段を物を持っての移動などはね。

でもyadaさんは身体が若いですよー
自転車乗れるだけでも筋力がありますよ
毎日続けてるからでしょうね〜

油断せずにお仕事して下さいね〜。
自転車で走ると風が気持ちの良い季節になりましたね。


https://pink.ap.teacup.com/paserien/
投稿者:nokko
★さんほさんへ

こんにちわ〜。

>どのくらい落ちているのでしょうね〜反射神経

そうですねぇ年令と言うより人それぞれ差はあるでしょうね。

そのお友達のお話というのはひょっとして、、、怪しいなぁ、、、さんほさんでは?(^.^)
のんびりした性格の人ほど反射神経は鈍いと思うんです・・・私もだからね。

コタツ生活はやっぱり高齢になるほど危険性も高いし
私の場合は足にも本当は負担がかかるんです・・・
だからソファーに切り替えようかとも思いますが
コタツに足を突っ込んで座椅子に座ったときのあの何とも言えない
安堵感が好きです、そして目を閉じると脳から
ドーパミンがプワ〜ッっと出て来てウトウトするんです。
コタツの上にミカンはもちろんお菓子を並べる
あの幸せな時間(^^♪〜


https://pink.ap.teacup.com/paserien/
投稿者:yada
私の職場の施設では、足に故障が生じた方は、転倒してしまう事がよくあります。顔面から落ちて顔が内出血で変色してしまいます。
用心深く歩かれる方は、大丈夫のようです。
咄嗟に手が出ないのは、なぜなのかと思うのですが、周囲に目がいかないのかなと思います。
危ないと感じていると、転ぶ回数も減るでしょうか。。
と言いつつ、油断大敵ですね。

https://colorful.at.webry.info/
投稿者:さんほ

>脳の命令に身体が・・・
 
どのくらい落ちているのでしょうね〜反射神経
若い時は何かに けつまずいても手が先に出て何とか助かるのですが
この歳になると 顔面から もろ突っ転んで眼鏡をぐしゃぐしゃにしてしまう
(この場合は、同級の友達の話なのですが(_ _,))
またある時、自転車に乗っていて歩道から車道への小さな縁石の落差
それにハンドルを取られて膝の皿を割ってしまった事
頭では解かっていても身体が反応せず 対処できず
スローモーションの如く倒れて行ったという事です
この場合もその友達なんですが
 
自分の場合は若い時から“のんびり”していたものですから
この歳になって やっと脳の命令と身体がシンクロしてきました <(;^_^A
ただ トイレは近くなりました これは明らかに歳の所為でしょうね(笑) 
 
追:
炬燵ですが、ウチでは十数年前から止めました
父が長患いで炬燵の生活よりもテーブル・椅子の生活の方が良いという事で
父が亡くなった 今でも 畳の部屋にテーブル・椅子の生活は続いています
ですので>「コタツ布団に足が絡まる」という事はありません
しかしその代わり 椅子の脚に足の小指を よくぶつけますけどね(_ _,)
投稿者:nokko
★karinさんへ

コタツから出る時に手をつきますよね
よろけなくても手に力を入れて立ち上がる事自体が
きっと骨折の原因にもなるかなぁと思います
本当はソファーの生活が良いのでしょうが、やっぱり
コタツが一番落ち着きますしね(;^_^A

そうでしたね、karinさんは毎日娘さんのお家の
洗濯物の取り込みをされてましたね〜
やっぱり階段は要注意ですね・・・
私はあまり歩く運動が出来てないので足が頼りないんですが
karinさんは毎日歩かれてますから筋肉は強いんじゃないかと思います
骨が弱くなっても筋肉で支えられますから・・・。
でも油断は禁物ですね〜、事故は一瞬ですからね。

どうもありがとうございました(^^♪

https://pink.ap.teacup.com/paserien/
投稿者:nokko
★あほー松さんへ

私はまだ一度も骨密度の検査受けてないんです
もしスカスカだったらどうしようと思うと怖いし
それに今更食べ物くらいで良くなるなんて思えないし・・・
そうですか!お薬を処方してくれるんですね〜
整形外科へは週に2回リハビリに通院しています
足の痛みは足底筋膜炎からの筋肉痛なんですが歩くとすごく痛いので
ウォーキングが出来ないため、筋肉を強化させるスクワットとかの
運動は毎日続けています。
骨密度の検査を受けてみますね、教えて下さってありがとうございます🎵

https://pink.ap.teacup.com/paserien/
投稿者:karin
nokkoさん こんばんは

私も転びやすくなってきているので「老い」
を感じる今日この頃です。家の中は本当に
注意しなければいけませんね。つまづく要因
がたくさんありますものね。

>私は何度かコタツから抜け出すときに慌てて
>出てドタッと転びかけて咄嗟に手をつきました

そうなのです、私も年中こたつの生活ですが、
手首が痛いです。骨折しないように気をつけよう
と思います。

娘の家で、二階のベランダに干してある洗濯物
を一階に運ぶために階段を下りるわけですが、
最近、とても怖いです。手すりもついているの
ですが、一段一段注意して下ります。

nokkoさん、おたがいに骨折しないように注意
しましょうね。

https://wave.ap.teacuo.com/karin02/
投稿者:あほー松
高齢になると転倒から大腿骨骨折、寝たきりになる例は確かに多いです。
骨粗しょう症は骨がスカスカになる病気ですが高齢になるとある程度かかるのも致し方ありません。年1回くらいは整形外科で骨密度の検査を受けられることをお勧めします。
保険適用でやってくれ、もし密度が低ければ対応する薬を出してくれます。要は転倒しても骨密度がしっかりしていれば骨折もよほどのことでなければなりませんね。平素からウォーキングをして足の筋肉を鍛えることも肝要です。

http://ahoumatu.web.fc2.com/index.html
投稿者:匿名
上司の口煩さと、21の男子のすぐに切れる性格とで3ヶ月勤務が精一杯だった中小零細企業のスナック菓子製造の会社にいた時に、57才の女性が二人続けて腕を骨折して3ヶ月休職していました。一人は職場が油漏れするために滑って転倒し、一人は脚立から落ちました。
 一昨日NHKラジオで聞いたのは、一週間に30分でも早足歩きで散歩すれば10歳は体力が若返るそうです。
又、約20年前に流行したダンベル体操を考案した男性は、続けると60代でも40の筋肉を保てると言っていたけど、問題は続かないだろうなあって事です。そんな中で、60過ぎても日本の百名山に登れる人もいて羨ましい限りです。
こういう人は体力があるから仕事でもそんなに苦にはならないのかなとか思ったりします。
私は階段を100段程上がれば息切れがするし、ちょっとした時に再びぎっくり腰にどこでなるか分からない不安などありますよ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ