nokkoの日々の暮らしいろいろ

70才主婦の日々の愚痴、悩みを書いてます
シングルファザーの息子のため孫の世話で忙しい日々。
愛犬を16才で亡くしペットロス。

 
ブログランキング
 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
シニア日記ブログ がんばるシニアへ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

拍手ランキング

1位 従妹の葬儀と喪服
15拍手
2位 コンビニあれこれ話
15拍手
3位 才能が欲しいなぁ
5拍手
4位 辛いから調べてみた
2拍手
5位 コンプレックスで思い出す
1拍手
11/12〜11/19までのランキング結果です。

過去ログ

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nokko
★拍手コメントを
 下さった方へ

古いアルバムも捨てるのは迷いますね
私は結局また元に戻してしまいました。
昔の引き出物やお返しの食器もダンボールに
溢れていて重たいので処分にも困ります。

終活の片付け、お疲れさまでした〜
コメントをどうもありがとうございました(^^♪

https://pink.ap.teacup.com/paserien/
投稿者:nokko
★yadaさんへ

yadaさん、こんにちわ〜。

生活苦、貧困は私達の年代ではそう珍しいことではなかったですね
でもyadaさんはもっと苦しい生活を強いられていたんですね・・・
健康オタクという事は良い事なのかも知れませんよ
あの時代に食べたい物を食べられる生活をしている人のほうが少なかったかもです。
私の楽しい青春時代は(高校生)やっと一緒に住めた母親が
ただただ口うるさいだけの子育て未経験の母親でしたから
反発していた事もありました、バイトをして服を買うのが楽しみでした。

女性は伴侶によって大きく運命が変わりますね
当時は適齢期なんていう言葉があったので適当に
妥協して結婚してしまったんですが、だからと言って違う
人とならどんな人生を歩んでいたかも想像もつきません・・・
yadaさんが健康なのは今の年齢になって宝物ですよ〜(^.^)
ずっと冷めたままっていうのは私も同じかなぁ・・・
笑顔をほとんど見た事がないって言われてましたからねぇ。

残りの人生はまだまだいろいろあっても少しでも楽しもうね!(#^.^#)

https://pink.ap.teacup.com/paserien/
投稿者:yada
パセリさん、こんにちは。。。
劣等感ねぇ。。
私の場合は、生活苦が劣等感でした。
自分の容姿等は、二の次でした。
子供の頃の写真は、数枚しかないのですが、その中の私は、地黒(これは垢だったのですが。。)で、ガリガリに痩せていて、身体検査では、いつも、栄養失調と書かれていました。
容姿を気にし始める年代の頃は、健康オタクになっていました。
見た目については、つま先に穴のあいた靴をはいているので、いつも笑われていました。
親子連れの二人が、指を指して笑った時、初めて恥かしいと思いました。
青春時代は、それなりに楽しく暮らしましたが、やはり、健康オタクのままでした。
番茶も出ばなという言葉があったように思いますが、まさにその頃は、仕事をするようになっていて、それなりに、声をかけられたりしていましたが、その時に、今の夫にひっかかり、更に酷い生活に突入して行ったのでした。
パセリさんのような、楽しい時期はあまりなかつたですね。物心ついた頃から、ずっと冷めたまま老いてしまいました。クライネ〜〜。

https://colorful.at.webry.info/
投稿者:nokko
★さんほさんへ

自分にないものを持っているという事だけでそれもコンプレックスになりますね
そういう意味では持たない人っていないだろうとも思います。

女性は胸が大きいというだけで自信に繋がるんじゃないかなぁ
高校3年生の頃にパットを入れたブラジャーをしてミナミを歩きました
心斎橋から難波までのあの通称「ひっかけ橋」というところですが
往復して5回もナンパされましたよ、それまでそんな経験はなかったので驚きました、男性がいかに大きな胸が好きかと納得しました
でもやはりニセモノなので一回でやめましたけどね(・_・;)
たった一回だけど胸を強調したオシャレをして歩くのは楽しかったですよ〜。
肩が凝ろうが走るのに邪魔になろうがやっぱり大きいのがいいです(^.^)
肩が凝るなんて言うのも一種の自慢だと思います。
今は解決したとはいえ肩は凝らない程度です(-_-;)
慰めて下さってどうもありがとうー(^^)/

トリカブトの花ですが、あの根っこに猛毒のあるものですよ
観賞用のものだとはいえやはり毒性は強いらしいです
これは夫が植えましたが多年草なのでどんどん増えて玄関前にいっぱいです
夫は切って玄関の靴箱の上に飾ってますよ
たくさんだと花粉にも毒性があるとか・・・
私は時々花によってクシャミが出るって言ってるのにですよ、、、
これはどういう意味でしょうねぇ、、、そのうち自分に効き目があったりしてねぇ(~_~;)オオコワッ

ありがとうございました〜(^^♪




https://pink.ap.teacup.com/paserien/
投稿者:さんほ
鼻が低い人は鼻が低い事にコンプレックスを持ち
鼻が高い人は鼻が高い事にコンプレックスを持つ
背が低い人は背が低い事でコンプレックスを持ち
背が高い人は背が高い事でコンプレックスを持つ
まったくコンプレックスを持たない人って稀でしょうね
 
>若い頃にはずいぶんと豊胸手術に憧れました。
>胸が大きければきっと私の青春時代は毎日が
>楽しかっただろうなぁと思います
 
いったいどう変わって どう楽しかったと思えるんでしょうか!?(。-_-。)
胸が大きい人は肩が凝るらしいですよ それに走る時は邪魔になるでしょうし
その点 nokkoさんは肩凝りも無く 駆け足も早かったんでしょうから
まぁ強いて言えば前後ろが分かりすればいいと思います(僕はそう思います(#^.^#))
胸が豊かな人 当時の友達にいませんでしたか?
もし居たとすれば きっとその人は nokkoさんの胸を羨ましく思っていたと思います
 
追:【トリカブトの花が今年もたくさん咲きました】
トリカブトって・・・・例のトリカブトですか!?
旦那さんは、、、御存じなんでしょうか?
投稿者:nokko
★karinさんへ

karinさん、こんにちわ〜。

私の中高は都会のド真ん中と言っていいくらいの所です
12クラスありましたがクラスには必ず不良グループが何人かいました
不良と言っても今の時代とはちょっと違います
当時ビートルズを中心にロック、日本ではグループサウンズなどの全盛時代です
校則ではコンサートへの出入りは禁止ですが、私も含め
音楽好きが内緒で行きました、私のロック好きの最初です。
当時は軽音楽を聴くだけでも不良と呼ばれました
繁華街も(大阪のミナミやキタ)なども近くだったので
週末には踊りにも行きました(ディスコみたいな場所)
街にはアイビールックやコンチネンタルなファッションが流行してました。
私の人生の中で一番楽しかった時代ですね〜。
もちろんこういう事に無縁な生徒も多かったですけどね。

karinさんが過ごされた自然の中での風景はこちらにはありませんから
それぞれがその環境の中で育ったという事でしょうね・・・。

きょうも秋晴れで気持ちの良いお天気です
紅葉狩りの方も多いのでしょうね。

コメントありがとうございました〜(^^♪




https://pink.ap.teacup.com/paserien/
投稿者:karin
nokkoさん こんばんは

Aさんを主人公にして学園ドラマができそうですね(^^)。

私は山奥で育ちましたし、まだ中学を出て集団就職を
する時代に中学・高校時代を過ごしましたから、、、
こういう話題とは無縁の学生時代だったように思い
ます。私が疎かっただけなのかな?

nokkoさんは私よりも7歳もお若いし、都会で学生時代を
お過ごしだから、話題も異なって当然かもですね。

それにしても

>親が金持ちで
>多額の寄付をしていたので、校長も担任も見て見ぬ
>振りをしていました。

こういうこともあったのですねぇ、、、。

https://wave.ap.teacup.com/karin02/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ