nokkoの日々の暮らしいろいろ

70才主婦の日々の愚痴、悩みを書いてます
シングルファザーの息子のため孫の世話で忙しい日々。
愛犬を16才で亡くしペットロス。

 

人気ブログランキング

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

拍手ランキング

1位 追憶 14 母との暮らし
35拍手
2位 孫たちへの夕食弁当 5
33拍手
3位 マスクとお化粧と孫
26拍手
4位 孫たちへの夕食弁当 4
8拍手
5位 私の昔の師走風景
2拍手
8/6〜8/13までのランキング結果です。

過去ログ

カレンダー

2020年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nokko
★さんほさんへ

こんばんわ〜。

そうですね、大抵の人は昨日より今日、今日より明日と何かしらの
学習はして成長はしているものと思います。

>でも本質的なところで性質は変えられませんね

きっと生まれつき持っているDNAがあるのだろうとも思いますね。

>おっとりしていて まずもって腹を立てたことが無いという人なんか
持って生まれた性質がそうさせるのか

これはさんほさんのことではないの〜(^.^)
前にもご自分で言ったらしたと思いますよ
他人に嫌な思いをさせる言葉を言うような人ではないのでしょうね。

私の性格が作られた過程をよく分析されてますね〜。

>しかしそれが良い事なのか悪い事なのかの答えはまだまだ先・・・

もう答えは出したくありません
良い事とか悪い事というよりも、どうでもいい事です(-_-;)
今更分かっても遅いしねぇ。。。。

コメントをありがとうございました(^^♪

ps 給付金入りましたー
   ます明日はケーキ食べます(*^^)v

投稿者:さんほ
>「性格は多少は変わる」
 
そりゃ〜そうでしょう 大たいの人は
そのぐらいの学習能力が無ければ 到底生きてはいけませんから
さもなくば 余程の頑固者か まったく痛みを感じない人
人間痛みを知って学んで成長するものなのでは
世に稀な人はいるもんで 全然変わらず己を通し続ける人もいるでしょうけど
♪〜わかっちゃいるけどやめられない〜(^^♪ ってな人
そう言った輩は自分を生き辛くしてしまい 損ばかりしてしまう
しかし そう言った人たちに限って自分自身が生き辛いとは感じないのかもしれません
変な無意味な意地っ張りと言ったところでしょうか
でも本質的なところで性質は変えられませんね
おっとりしていて まずもって腹を立てたことが無いという人なんか
持って生まれた性質がそうさせるのか
そう言う人居ましたよ 元居た職場に仙人のごとく穏やかに存在していた人が
今思うと その人の性格はどうだったのか思い出せません
 
nokkoさん の性格が気が弱いし消極的”と自己判断している
それはほぼ間違いなくそうだと思います
そこへ後天的に自分を抑える事、耐える事”が加わり
今現在の nokkoさん が存在しているのだと思います
それが証明されているのが ちょっと難儀な旦那さんが現存在していること
しかしそれが良い事なのか悪い事なのかの答えはまだまだ先
(でも答えは nokkoさん の事だから分かっ・・・・・)
投稿者:nokko
★K子さんへ
 拙い記事に共感して下さってありがとうございます
コメントは本文にでも、この拍手コメントへでも
どちらへでも嬉しいですよ〜。

コメントありがとうございました(^^♪
投稿者:nokko
★拍手コメントの
 静岡の方へ

こんばんわ〜。

確かに高齢者を甘く見てる若い人も多いですね〜
だから高齢者は詐欺に引っ掛かるんでしょうね
私もそうなるかも?(;^_^A
今回はちょっと自分なりに反省しましたよ。

圧力鍋の事、ありがとうございます
持ち運ぶのには良いと思いますね、でも色々と見てみたんですが
全体にサイズが大きいので持ち運ぶのがたいへんになるんです・・
またあちこちのお店を覗いて探しますね。

コメントありがとうございます(^^♪
投稿者:nokko
★ハナコおばさんへ

こんばんわ〜。

松本清張の推理小説は私も好きなのでたくさん読みましたよ
心の奥底の描写が独特で読み終わった後に色々と考えさせられるものが多いですね。

ハナコさんのご主人は親戚のお宅で過ごされたのは年齢は
ちょうど反抗期とも言えますね、それに親戚の人の顔色を見て
遠慮しながらの日々は辛かっただろうと察します
10才くらいの頃の男の子は大抵は悪ガキじゃないかなぁ・・・
きっと寂しさを今も抱えてらっしゃるんだとも思うんですが
ハナコさんが受け止めて下さるから甘えもあるのでしょうね〜
うちと同じで手のかかるヤツですね(^^;)。。。

>歳を取ると丸くなる、といいますが、どうなんでしょう

これはよく言われる事ですが様々ですね〜
本当は経験を積み重ねて角が取れるはず
・・なんでしょうけど
頑固な人はいくつになっても角なんか取れませんよー
ますます偏屈になるかも?ですね

コメントありがとうございます(^^♪





https://pink.ap.teacup.cmukasiha om/paserien/
投稿者:nokko
★石神井翻訳亭さまへ

こんばんわ〜。

自分にも厳しいのは良い事だと思いますよ
理想は「他人に優しく己には厳しく」ですが
なかなかそうはいきませんよね
自分に甘いというのでなければ自分にも優しくしても良い年だと思うんです
他人に厳しくというのもある程度は必要なことだとも思いますよ
ややこしいお話になりましたね(^^;)

コメントと応援をありがとうございます(^^♪

https://pink.ap.tkajiha eacup.comjyoseiga /paserien/
投稿者:ハナコおばさん
古い話ですが、松本清張が好きで、ほとんどの映画を観ています。サスペンスも面白いですが、それより人の「生まれ」や「育ち」「過去」は消せることができなく、一生引きずるものという、そんな感性です。

ウチの夫も10歳頃から農家の親戚の家に預けられて育ちましたが、その家で遠慮しながらでも、その反発心で畑を飛び回って荒らしたり、リンゴをもぎ取って投げたり、それはそれは悪ガキだったようです。
だから尚更嫌われていたようです。

その反発心が、歳を取っても気の強さ(悪い意味でも)に現れるんでしょうねぇ。
まあ、性格といえばそうなんですが……。

歳を取ると丸くなる、といいますが、どうなんでしょう。(^^;)
投稿者:石神井翻訳亭
ずっと、自分にも厳しく、他人にも厳しい人間でした。

いまもそのままですが、ほんの少しだけ、許すことができるようになったかもしれません。

ぷちっ、ぷち。

https://shakujiihonyakutei.blog.fc2.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ