2011/1/24  18:15

創作活動。  薄桜鬼

土千か風千の創作を考えて居ます。
同時進行です。
が、風ちづの方が、ちょっと先が見えそうかなーって感じです。
明日、風間ルートをプレイして...というか、エンディングをみてまた、話を考えます。

土ちづの方はちょっと考えた先で、止まってしまったので。
なにを書きたいのか意味不明に。

なんかね、新選組のみんなとの恋は、千鶴にとって初恋なんじゃ?
って言うのを、土千で書きたいんだけど、何か難しい。
なので、それを風千で満たそうかなあとか、思ったりもして。
なかなか、考えまとまんないじゃん〜!!って感じ。

どうも、私自身は千鶴視点のほうが書きやすいのかもしれません。
たまには逆の視点をと、思うのですが、今回の主人公、千鶴は、書きやすいので〜。
なんか、自然と千鶴視点で話が始まってしまうのです〜。
むむむ...。
風間視点の話も書いてみたいのですが...。
いかんせん、まだ、キャラ自体が自分に馴染んでないので。
ちー様ならここでこう言うかなとか、そんなんが定まってない気がするので。

難しいです〜。

なので、続きに、土ちづで書こうと思っている小説のさわりを紹介します。
この後が続かない〜。
最初からプレイしないと無理かも。
ここから先すぐにED後というのもなあーと思ったり...。
今、レミオロメンの粉雪をエンドレスで聞いてるので、あんな感じで話が進めたらいいなあと、思ってるのですが、「粉雪」は斎ちづのイメージも有ったりで....。
なんだかなーと言う感じです。

といいうことで、また。
続きの話は本当に短いので落胆しないで下さいませ(笑)。



雪の華


白い息
白い影
白い華

すべてが白く染まり始める頃
私は出逢った。
「逃げれば、斬る」
白い雪舞う、その日に....。
目を逸らす事は出来なかった。

それが私の初めての
もろくも儚い恋...。




と言う感じです。続きが難産になりそうです。
でも、ノートに書くより、話は浮かんできます(笑)。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ