楽蟲館

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

掲示板

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ひでじ
こんにちは

これは“サントドミンゴの小さいバリエーション”との触れ込みで入手したものです。
ドイツ語でしたので、正確にはちょっと違うかもしれませんがニュアンス的にはそういう感じだと思います。
体長は6cm程度にしかならないそうです。
サントドミンゴ産らしいですが、もちろん別種です。

mmmさんの言っているのは、もっとも通った呼び名が"Goliath"と呼ばれているものだと思います。
体長は10cmを超えるとか。
ドイツでは"Goliath"、"Sto Domingo"、"Sto Domingo goliath"、"Gigantea"、"Sto Domingo gigantea"などの呼び名を目にしましたが全てが同じ種なのかどうかは判りません。
"Goliath"、"Sto Domingo goliath"、は同じ種を指しているようです。
また、"Sto Domingo"も通常は"Goliath"の事を指しているようですので、今回、"Sto Domingo"と紹介したのはちょっと誤解をされる書き方だったかもしれませんね。
投稿者:mmm
ん・・・?
サントドミンゴは超大型種、という認識でしたけど・・・・

http://avimania.exblog.jp/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ