2006/1/14


今日は朝から雪が降っていて、ツブは大きく、
ゆっくりと降っていたので
 (この状態をどう表現したらいいのか、難しい・・・)

これは積もるのかなぁ〜、でも外は明るいしなぁ〜
車にどんどん積もっていくなぁ〜



と思っていたら、いつの間にか止んでいて一安心。
ここらの雪は、ほんっとにサラサラで、軽い。

 →故に、風が強いと飛んでしまう
 →そして、道路脇に溜まってしまう
 →うちの場合、サニーがハマる・・・ あれ?


時には青く、透明にも見えたり、陽を浴びてキラキラと
光ったりしている。そんな風景も素敵だよ。

アウトドアやっているような場所だと、だだっぴろい
雪原が、スノーモービルや歩くスキー、スノーシュー等で、
跡がバッチリ残ってしまって、見た目はヒジョーに美しく
ないけれど、この辺りはどこまでも真っ白でなーんにも
なくて、とーっても綺麗だ。
・・・あるのは動物の足跡くらい?

ログの窓から見える雪景色もまたいいもんだなぁ・・・
とストーブにあたりつつ、でも寒さに震えながら、
(この寒さの中をよく事務機器は動くよなぁ)と思い
パソコンに向かう、今日この頃。


てなわけで、さっき動物のことが出てきましたが、
47年前(1959年)の今日は、南極観測隊、樺太犬の
タローとジローの生存が確認された日なのでありました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ