2006/2/27

シシャモ  本日のできごと

シシャモと入力してみた。

支社も 死者も 使者も 試写も 4社も・・・

変換上位5個、出てきた順番。なんだよ、これ?


十勝支庁のサイトを見ていたら、水産課の
「『十勝産のシシャモ』について紹介しています」
というページがあり、面白そうだったので見ていたら・・・。

  Shishamo smels from Tokachi

いやいや、Shishamoって、英語にするとなんかヘンだよ。
そうそう、みなさん!

シシャモといえば胆振管内の鵡川!

そう思っていませんか?それは正しい。しかし!

  実は十勝・釧路管内のシシャモ漁獲量は、近年では全道の
  漁獲量の大半を占めており、主要な産地となっています。

だそうだ。十勝でも獲れているんだよ。知らなかったでしょ。
新聞で読んでいて知っていたけど、お客さんに説明しても
あんまり信じてもらえなかったんだよね。
具体的に数字を出して説明しなかったからなぁ。

過去3年間の漁獲高、胆振を押さえて十勝・釧路管内が
No.ワン・ツーなんですよ。こりゃ驚いた。

  シシャモは、日本にだけ分布する日本固有の魚です。
  北海道の太平洋岸にのみ生息し、10月中旬〜11月下旬に
  かけて、特定の河川(十勝地方の十勝川、釧路地方の
  庶路川・新釧路川、日高地方の沙流川、胆振地方の鵡川
  など)に産卵のため遡上します。

だそうだ。今頃シシャモの話題なんて、時期外れもいいところだな。

  シシャモは、キュウリウオ科に属しますが、「キュウリウオ」
  という名は、野菜のきゅうりに似た匂いがするためにつけら
  れたものです。
  キュウリウオ科の仲間は、シシャモのほかにキュウリウオ、
  チカ、ワカサギなどが含まれます。

なんだ、チカもワカサギもおんなじ種類なんじゃん!
と思ったら、急にチカが食べたくなってきた。
チカやワカサギは天ぷら粉をつけてジュ〜って揚げるけど、

シシャモは焼くからな!
絶対に焼きすぎて、黒くなって焦げるからな!!
気をつければいいんだけど、でも絶対焼きすぎるんだよな!!!

何故かってぇと、揚げ物や夕飯の準備をしているときに限って、

電話が鳴る!!   んだもの。

・・・
・・・
・・・
そうか、こういう話題の時に、
「グルメ!おいしいシシャモ、こちらで買えます」と
アフェリエイトでもやっていれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎぃ〜
なんてなるのかもしれないのか。
でも分からないしメンドーだから、やらない。


本日の夕飯はシシャモだったので、ちょっと調べてみたくなった、
と書きたかったが、実は違ったのだ。
あれ?何を食べたんだろう・・・

十勝支庁のWEBサイトで調べ物をしていたら、水産課のページに
目移りしちゃって、そこからエンドレス〜。
はっ、いかん、いかん。

該当ページ、後からリンク貼るけど、ココ↓
http://www.tokachi.pref.hokkaido.jp/to-ssan/suisan-top/sub8.htm
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ