RQへの想い  10周年

さて、巨乳大好き「竜騎士」ではありますが、それと並んでRQ大好きでもあります。

RQ好きになった理由は、ハイレグ水着流行時期と重なる。それは、当時のRQといえばハイレグ水着+ハイヒールが定番コスチュームであった為だ。青臭いガキだった頃にこの素晴らしき露出に出会ったお陰でフェチ要素は決まった(?)。
従来の年上(あくまでもお姉さん的なもので、熟女とか人妻とかは無し)好みもあり、そんな娘が多く集まるサーキットでのRQ写真に心奪われたのだろう。

RQのコスチュームは、このハイレグから各チームカラーを打ち出したデザインのコスチュームへと進化してゆく。それでも、人気絶頂期の90年代後半はまだまだコスチュームというよりは水着に毛が生えた程度のアレンジ水着の域を出ていなかった。
この流れが変化するのはRQ・オブ・ザ・イヤー等でRQのタレント性が上昇してきた頃からだろう。この頃から水着だけではなく、オーバーコスによるミニスカ・ボディコン風なコスチュームが増えた。本体の水着も様々なカットで独自色が出てきた。

現在はキャンギャルとの区別がつかない様なコスチュームが多い。主力はハイレグからホットパンツに移行している。これはこれでそのスパンデックス感が堪らないのだが、こんなフェチ要素に反応するようになったのは、間違いなくRQのお陰だ。

さて、数居るRQの中で現在も私の心を捉えて離さないのが「斉藤 理奈」さんである。彼女については別コラムで述べているのでそちらを参照して頂きたい。

冷静に考えると彼女自体にはそれ程魅力は感じない。証拠は、通常の水着グラビアにはあまり関心が向かないからだ。
彼女の魅力を引き立てているのは間違いなくコスチュームだ。当時のタカギBIレーシングチームのコスはセパレートのビキニタイプが基本で、そこにオーバーコスでミニスカ・ボディコンタイプがあった。基本のビキニのデザインと色が良く、アイテムであるサングラスとバングル、イヤリングと相まって一番似合っていたのが彼女だった。色といえば、青を基調としたモノで鮮烈な印象があった。この前年彼女はカルソニックのRQを務めていたが、そこのコスチュームも青だった。
コスチュームのフェチ要素を100%以上に魅せてくれたのが斉藤理奈さんだったのだ。

現在のRQで気になる娘は残念ながら居ない。しかし、コスチュームのデザインには興味があるので追い掛け続けている。そんな中、コスチュームの魅力を引き出す魅力的な娘の登場を心待ちにしている。

ギャルズ・パラダイススーパーGTレースクイーンオフィシャルガイドブック 2012 (SAN-EI MOOK)

レースクイーン THE DVD 2

ギャルズ・パラダイススーパーGTレースクイーンオフィシャルガ (2011) (SAN-EI MOOK)



ブログパーツ
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ