秋本 翼  セクシー

「秋本 翼」

今回登場は、秋本翼ちゃん。着エロ系の娘です。いや、着エロ、というより身に付けていません!ヌードなのか?と言われれば、90%正解です。

取り敢えず、身に付けているのは、布切れ・紐の類。DVD等では薄いカーテン越しや、水中で全裸です。パイパンらしく、かなりギリなアングルでも局部は見えませんが、ここまでするのは、アイドルとしてどうなのか?っていうか、ここまで露出すると、アイドルという言葉は使うべきではない、と感じます。半分以上AVに足を突っ込んでいる訳です。

モザイクが掛からなければ、アダルトでは無い、という理屈で、昔より様々な見せ方が考案されてきましたが、根底には「見えそうで見えない」というエロス的不文律があると思う。しかし、ここまであけっぴろげにやられると、アイドルモノとしては見る事が出来ない。確かに見えてはいない(乳首は透けて丸見え状態だ)が、エロスを通り越してただのエロなのだ。
これを非難するつもりはない。やはり、エロは男を惹き付けるのに手っ取り早い要素。それに引っ掛かって、こんな文章を書いているんだから、非難しても説得力はないし、第一この手のジャンルは一定の需要があるわけだ。ただ、その最北というだけだと思う。

さて、肝心なこの娘の魅力だが、ショートカットでロリフェイス、そんな娘が(ほぼ)全裸状態、という事に尽きる。ルックス自体はタヌキ系で愛嬌がある感じ。可愛らしいルックスの娘が大胆に脱いでいる、というギャップが受けていると思う。(まぁ、基本だが・・・)

気になる点は、殆どAVの為、綺麗に魅せるという気概が感じられない事。もう、オカズでどうぞ!という事以外意味が感じられない。この辺りは、アイドル作品との境界がどこなのか?本人の意識はどうなのか?というレベルの問題だと思うが、個人的には乗り気にはなれない。
着エロ作品も魅せ方的には頭打ちの様相(これはアイドル作品にも言えるが・・・)なので、この娘の作品だからどうのこうの、という問題では無いのだが・・・

着エロ系の娘は、切り札を切った状態の為、先が見えている。選択肢が少ないだけに、今後どうやって生き残っていくのか?彼女達を観る度に、その将来を憂うしかない事が、悲しい・・・

まぁ、本人達はそこまで深く考えていないのかもしれないが・・・



ブログパーツ

 秋本翼 / 翼in ドバイ [DVD]

秋本翼 / 素顔のままで [DVD]

秋本翼「angel feather」

秋本翼 翼をください [DVD]

『超エロカワ!Newアイドル』 〜誘惑してあげる!〜 秋本翼デジタル写真集

『超エロカワ!Newアイドル』 〜プロローグ〜 秋本翼デジタル写真集

『超エロカワ!Newアイドル』 〜モット見せてあげる!〜 秋本翼デジタル写真集

秋本翼 混浴気分 vol.14 [DVD]
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ