みな同じ  エトセトラ

最近のグラビアアイドルの身に着ける水着のトレンドは、超ハイレグワンピース変形水着だろう。

超ハイレグワンピース水着は、「川崎あや」が身に着けたグラビアが爆発的人気を博した事により広まった。「巨乳」が当然という風潮のグラビアアイドル界にあって、川崎あやは真逆の貧乳。勿論、それまでにも巨乳に対するカウンター嗜好として貧乳(ちっぱい)勢力はある程度存在した。しかし、彼女の登場でその勢力も増大した事だろう。
彼女は、グラビアアイドル界に於いて、何回目かの「ハイレグ」ブームを起こした功労者でもある。
スレンダー(過ぎる)プロポーションに、超ハイレグ水着という1枚のグラビアのインパクトは絶大だった。更に、個人的には、その水着が競泳水着を彷彿させるデザインだった事を推したい。

彼女の登場で、以後スレンダー系に限らず、グラビアアイドル界に超ハイレグワンピース水着のムーブメントが発生した。

もう一つの水着トレンド「変形水着」は、正直誰が発端だったのかは定かではない。しかし、グラビアアイドルのDVDパッケージを見れば、どの娘も同じような(または全く同じ)水着を着用している。
基本的に、変形水着は奇抜なカッティングのデザインで肌の露出が多い。ファンにとっては嬉しい事ではあるが、デビューしたら取りあえずみんな(同じ)変形水着では、当然似合う似合わないがあるはずだから食傷気味になる。

コレは憶測だが、グラビアアイドルのイメージビデオ制作時点での資金的問題なのではなかろうか?つまり、制作費を安く抑えようとする意図があるのでは?という事だ。
勿論、それ自体は悪い事ではない。しかし、その為に画一的などれを観ても同じ、という作品を作る事はファンを甘く見ているのではないだろうか?
ファンは、特定の個人の作品しか目にしない、という事は無い。(もちろんそういった一途なファンもいる)こんな事を続けていると、飽きが早くなる。飽きが早くなると更に発売サイクルを早める為に、画一的制作に拍車がかかる。悪循環ではないだろうか?

そう考えると、この短絡的制作過程には疑問を呈さなければならない。今後のグラビアアイドル界のファン層を留めておく為に。

当然、憶測であればここまでムキにはならないが、それでも明らかに似合わない娘にも着せているのは、如何なものか?と思わずにはいられない。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ