Life on the Surf Boat

サーフカヤック、シーカヤック、パドルボードサーフィンで海楽な日々を送りたい、そんな日記です。

 

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ほうき星
ご無沙汰してます。今回のエントリー、私も兄が独身なので身につまされます。まだ殺すわけにはいきませんが・・・。
ところで、FDレンズの資産活用、マイクロフォーサーズならばっちりですよ(^^)
投稿者:moritomo
いずれの皆様もごぶさたしており誠に申し訳ございません。
また暇になったらいっしょに遊んでくださいね。
その頃まで今の体力があればいいのですが・・・
頑張ります。
投稿者:さだっち。
やまもとさん、めっちゃご無沙汰です^o^お元気でしたか〜?
宮崎カップ見に来られてたんですね〜×o×も〜声かけてくださいよ〜ヒラメイタ!
今はサーフィンにはまってるとの事ですが、僕もよく宮崎木崎には行きますのでまた会えるかもしれませんね^o^絶対声かけてくださいね!!
しゅうちょう、ご無沙汰してます。今年はサーフカヤックの大会には参加されなかったようですね。大会会場でヒート表を見るとしってる名前がさださんぐらいしか見当たらず、そのさださんもヒート中で観戦させてもらいました。しゅうちょうも忙しいようですね。自分はここ1年サーフィンにどっぷりつかってしまい7.0のファンボードから始め今は6.6のショートで遊んでいます。サーフカヤック大会の1週間前に行われたニューウエーブユーザーカップにビギナーとして参加させてもらいました。みやざきに遊びにこられる時には是非ご連絡下さい。一緒に波のりして遊びましょう。では!
投稿者:yoshi
全国のトップレベルの方たちと一緒に競って、あれだけ和気あいあいとやれるスポーツの大会は本当に貴重だなと思いました。

ジャッジに来られていたプロサーファーの方もジェントルな大人の大会だったと、自分たちのサーフィン大会が競技志向を高める過程で失ってしまったものの大切さに気付かされたと感心されてました

生まれて日の浅いサーフカヤッカーが他のサーファーから一目置いてもらうためには、そういった評価も大事にしていかないといけないのでしょうね。

自分よりその波を生かせる人が居たら、いつでも自然にその波を譲れる。
もっと練習して上手くなって、そんな余裕のあるサーファーになりたいと思いました。


P.S. 一人でお気楽に生きている自分はmoritomoさんの話は身につまされます。
投稿者:いしD
なんとか無事終わりました。
今は、残務に追われてます。

 今年の大会の特徴は、昨年に比べ前半サイズが小さく、セミあたりから多少サイズアップしました。また割れるポイントも限られていていました。

 そうなるとどうなるか…
 上手い下手と言うより、ポジション取りや駆け引きも大きな要素となってました。
 敗因は松っあん曰く「性格でしょうか…」jogoさん曰く「楔を打たれた。何度も…」
 セミからは誰が勝ってもおかしくないレベルで、なかなかの見応え有るバトルも繰りひろげられ、上手い人が勝つとは限らない要素(強さ?作戦?)も勝敗を分けた部分かも知れません。
 それらを意識していたのかは当事者に聞かないと判りませんが、ファイナルに2人も残ったフリーウェーブが勝ったのもうなずける気がしました。
 あのようなコンデションで良い波を捕る(勝つため)には、牽制などの作戦も有効だったわけで、性格やスタイルも影響します。正にコンペティションの面白さでもありました。
 負けてからと言って決して下手なわけではありません。コンディション次第ではチャンスはあります。
 そう言う意味で、セミから上の人はセミファイナリストとして(特にベストライディングは)称えられてしかるべきと感じました。

RSS取り込み1

PROFILE

昭和中期、九州福岡にて生まれる。  蠍座。  シーカヤック、サーフカヤック、パドルボード、ロングボードを中心に海に出る人生を送っている。 なぜかいつも首にタオルを掛けていることが多い。 趣味は黒人音楽の鑑賞。

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ