とんあり雑記

韓国家庭料理&ポジャギの店”とんあり”のお知らせページです。
スタッフの呟きもございます。コメント大歓迎!

 

とんありの愉快な仲間達

■オーナー・ヨンファ
基本うっかりさん。美味しい料理を沢山作ってくれるオモニ(お母さん)。勉強熱心な生徒さんに逆に宿題を出される、韓国語講師も兼任。

■ミョンスギ

オーナー妹。厨房中心にホールもこなす。空腹に耐えられず割と高確率でフライングして食事を取るが(しかもその後皆と一緒にまた食べる)摂取量の割に痩せている、いけず。

■カナ

オーナー次女。ホール兼データ管理。母からうっかり要素を確実に受け継いでいる。無知なりに一生懸命サイトも管理しているが、所詮この程度の物しか出来ないのは基本的にセンスが無い為だ。

■まっつ

夜のみ出没するアルバイト。とんありスタッフのちょっかいにもめげずに健気に厨房を手伝う良い子。偶にホールも手伝ってくれる。最近は慣れてきてカナを蔑ろにする悪い子(と言うと常にカナが叱られる。何故だ)。

■ジュン

オーナー長女。うっかり要素も備えつつもオールマイティで貴重な人材だったが、寿退社しやがり現在千葉県在住。一児の母となりました。

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:カナ
>tokpokkiさま
大丈夫です!覚えました!とんありにある風邪薬は黄色い箱!これ大事!
今回の風邪は鼻水攻撃だったので頭痛・歯痛の薬は効果薄でした……(笑)。
因みにとんありの常備薬は、薬屋さんが置いて行く市販薬(?)です★
投稿者:ヨンファ
丁寧な説明 ありがとうございます。
良い子だからもうしないと思います。ヾ(∇^〃)キャハハハ
投稿者:tokpokki
鎮痛剤というのが消炎鎮痛剤の事であれば結果としては十分に効いたかもしれません。

風邪はウイルス疾患ですから風邪を治す薬はありません。身体の抵抗力がウイルスに勝って治るのを待つしかありません。
それが例えば一週間掛かるとして、咳やくしゃみをしながら、鼻水流しながら、熱出しながら散々な思いをして一週間を待つか、これらの症状を風邪薬で抑えて少し楽に一週間を待つかの違いはあるものの、薬を飲もうが飲むまいが治るまでの一週間は一週間です。
で、風邪薬というのは多分風邪ってこんな症状が出るだろうと予想して、喉の痛みや頭痛や節々の痛みや発熱を緩和する為の消炎鎮痛剤(いわゆる解熱剤もこれが兼ねる)や、咳やくしゃみや鼻水を抑える薬などを、その症状があろうがなかろうが適量混ぜ合わせたものです。
モヤシのナムル単品か、モヤシのナムル以外に数種類のナムルも含む盛り合わせセットかの違いで、しかも同じ一人前であれば、盛り合わせセットの中のモヤシのナムルは単品よりも少なくなります。
風邪薬は「その症状があろうがなかろうが」いろいろ混ぜてあるわけですから、もしもカナさんの風邪の症状が喉の痛みや頭痛や節々の痛みや発熱がメインで、咳やくしゃみや鼻水がそれ程でもない時には、いろいろ予想して混ぜ合わせた風邪薬よりも消炎鎮痛剤単独の方が良かったりする事もあり得ます。

むしろ気になるのは、その消炎鎮痛剤がどこから誰に処方されたものかで、薬局で市販されているものではなく、もしも病院から、しかもカナさん以外の人に、更に風邪とは別な目的で処方されたものであれば、例えどんなに効いたとしても、良い子はそういう薬の飲み方をしてはいけません。

長くなりましたが、なんだかんだ言っても、やっぱ別な薬と間違えて飲むのは問題だわね…(^^;)

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

とんありドットコム

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ